父と子〜Father And Son Great Days by MINI-Z〜



TEXT&PHOTO:T.Yajima (KYOSHO Global Marketing Gr)

子供は親父の背中を見て育つという。僕も親父の端くれだから自分の背中はどうなっているのだろうか?と気になっている。 どうしてこんなことを思ったのかというと、京商厚木本社1Fにある【Mini-Z Beginner's Day 2017(ミニッツビギナーズデイ) @ R246_0409】に参加する「素敵な親子たち」の姿を見たからだ。

ミニッツビギナーズデイとは、ショップのヒゲ店長竹内さん、佐々木さんと共に、その日にあわせて開発スタッフ岩崎さんがお店に来て、気軽に質問や疑問、修理や調整などの相談を受ける取り組み。さりげないサポート役として、安心な存在を少々担ってるようだ。
✳︎どなたでもウェルカム(MY MINI-Z持参、レンタルカーなど)で、次回の実施スケジュールなどは、ショップブログやFacebookなどで告知しているので、気になる方がいらっしゃれば、是非、ご参加くださいね。 

自分(今年43歳)の幼少期の時はどうだったのか?と思い出しているが、あまり意識した記憶が正直ない。僕の親父は、家族のために一生懸命働いていただけなような気がする。クルマ好きでもなく、模型好きでもなかった。ただただ、沢山サポートしてくれた。しかしながら、YoutubeもSNSもなかったあの時代。ラジコン専門誌で知り得た「ものすごいかっこいい、京商トマホークが欲しい!」と、背のびした小学5年生の僕のまじめなリクエストに、大きく応えてくれた親父への感謝と共に、今振り返れば自分を克明に見ていてくれたのだとわかる。 

決して上手に組み立てられたとは言い難い「愛機トマホーク」と「8時間かけて満充電になるバッテリー」を寝る前にセットし、別売のプロポ等をママチャリのカゴに入れ、バギーコースがあった80年代の京商厚木サーキットに通った(1ヶ月に1,2回ぐらい。。が最高に楽しみだった)。

あの日の一生懸命に取り組んだ記憶は、いまでも忘れられ無い。大袈裟かもしれないが、学生時代にバイトで購入した実車も嬉しかったが、はじめて本格RCをGETした時の感動の方が、比較すれば僕にとって強いインパクトがあったし、それが初の「愛車経験」だった。

✳︎現在は屋外サーキットとMINI-Z専用コース

現在、子供の時に見上げていた大人の立場にたっているが、今の子供達が20年後にこれからの10年を振り返った時に、それがあたかも僕たちにとって、毎日エンジン全開で走っていた80年代、90年代のように、きらきらと輝いて見える時代にしてあげられるように、もう一度、あの頃の気持ちを抱きしめて、ネジを巻きなおせたら、尚更、素敵だよね。

京商ミニッツシリーズは、1999年に登場し、古今東西の名車を再現。単四アルカリ電池4本で最高性能を出すをコンセプトに、完成済み、改造パーツ多数。走行して楽しい手のひらサイズのスケールカーの最高峰!なんてアイテムが現代にあることが、自分の会社の商品で恐縮だが、、正直羨ましい。  

KYOSHO RC BLOG

京商株式会社RCオフィシャルブログです。これまで皆様に閲覧いただいておりました「R/C CAR BLOG」、「SEA & SKY BLOG」、「MINI-Z開発室ブログ」の3つのブログを統合しました。引き続き、製品情報や開発情報、イベント情報などをお届けして参りますので、どうぞ暖かい目でよろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000